経験豊富の「経験」って人柱のこと

「量質転化された手術力がある」

電車内でみかけたキャッチコピーである。テレビCMでもよくみかける美容外科のもの。「良質転化」? 聞いたことないなぁ。化学用語のような響きは、ちょっとカッコいいかも。

検索すると、説明してるサイトがいくつか見つかった。意味は「量をこなせば質が上がる」とのこと。「たくさん手術してきたから、腕がいい」といった感じか。知ってる言葉だと「経験豊富」。「経験豊富な医師がいる」ということらしい。

この美容外科はともかく。このキャッチコピーは不快ですねぇ。

知らない言葉を使ってるし。その言葉も不適当だし。患者(お客さん)が「量」?人柱、という言葉が思い浮かぶ。

「経験豊富」では古くさいと思った広告代理店が作ったのだろう、と思っていたが実際は違った。このキャッチコピーを作った(もしくはこの単語を入れた)のは、美容外科の経営者らしい。過去のインタビュー記事で、この用語を含めた発言をなさっている。
「『量質転化』と言って量を絶対的にこなさなければ技術が上がっていかないですよね。技術は後からついてくるじゃないですか。件数こなして習えばついてくるんですけれど…(略)」
(https://www.biyou-ikyoku.com/interview/006/)

この美容外科が、2022年4月に採用したのは、626名。その中には医師も含まれる。「件数をこなす前」の新人医師にあたりそう。もちろん、新人医師が施術するのは、当たり前のことだし、避けられないこと。だけど、わざわざキャッチコピーで意識させられちゃったから、怖く感じてしまう。

同美容外科には、「二重術を受けた2.5人に1人が〇〇〇です 」というキャッチコピーも。患者「量」を強調したいということが、うかがえる。

この電車内を見回すと、同医院の広告だらけ。はたして、広告「量」から顧客量へ。そして、顧客量から顧客満足度へ転化できるだろうか。