超合金Z?いや「黄金Z」のマジンガーを買うのは誰か

新聞を整理していたら、あるイベントの広告が目についた。

「大黄金展」とある。

どうせ、仏具の販売会だろう、と思ってたら違った。紙面を占めていたのは、

「マジンガーZ」。あの、巨大ロボットの黄金像である。

特別展示。全国初登場。24金で重量170グラム。そして、価格は495万円。

もはや、知っている人は少ないと思うからあえて書く。

マジンガーZは何で作られているか。「超合金Z」である。永井豪氏の作中ではそうなっている。ウィキペディアはさらに詳しい。

超合金Zは、金属結晶の原子の並び方の乱れ、すなわち格子欠陥のない金属(現実にはミリサイズのものしか存在しない)であり、極めて堅牢とされている。日本の富士の裾野にしか存在しないジャパニウムという架空の鉱物から生成される。

ウィキペディア(Wikipedia)

なんか凄い。「超合金Z」という言葉のインパクトは相当なものであった。当時の子供はイチコロだ。これがきっかけで、玩具メーカー、ポピー(現バンダイ)から「超合金」という亜鉛合金製の玩具(いやフィギュアだ)シリーズが販売されたくらい。

だが、マジンガーZの素材が純金だったら大変困る。「純金Z」、いや今回の展示の主旨からすると「黄金Z」製のマジンガーZ。なんとも、成金趣味だ。ブレストファイヤーを使うと、マジンガーZ自身が溶けて述べ棒になってしまう。到底、暗黒大将軍に勝てそうにない。

とはいえ、金だ。これはこれで魅力ではある。

高止まりしているという金。ウクライナ侵攻後、800円近く上がり、いま1グラムあたり8463円だそう。

このマジンガーZの重量は170グラム。金の価値では144万円。差し引くと彫刻価値は350万円ぐらいか。うーん。買ったとしても、これ売れるのか?

仏像・彫刻買取の「ますけん」によると、買い取りのポイントは、「状態」「作家名」「芸術性」の3つ、とのこと。当然だけど、このマジンガーZに作家名は見当たらない。投資で買う人は少なそう。

「大黄金展」を企画する株式会社SGCのウェブサイトには、

「自分へのご褒美」

とある。この先、これだけのご褒美をあげられるほど、自分を褒めることなんてありえるのだろうか…。

騒音新時代

tv-gbab40f3c3_1280

深夜の帰宅。誰もいないはずの我が家から、笑い声が聞こえる。

「テレビ?」

私はほとんどテレビを見ない。だから、つけっぱなしで出かけることもない。けれど、ドア越しに聞こえてくる声は、バラエティー番組のものだ。声の主は“明石家さんま”。“さんま”の喋りに同調して、大勢の女性が笑っている。

テレビのスイッチが勝手にオンになる…映画「リング」のようではないか。画面から貞子がでてくるのであろうか。いやだなぁ。

恐る恐る鍵を開け、リビングへ。テレビは消えている。あぁ良かった。

「じゃあ、この声はどこから?」

テレビよりも強く低い音は2か所から。ひょっとして…。オーディオスピーカーのボリュームを上げると、“さんま”の声が、さらに大きくなる。やはりそうだ。音の源はオーディオスピーカーだった。Bluetoothで接続できるものだ。使わなくなったスマートフォンから、音楽を飛ばして聴いている。

みると、スマートフォンのバッテリーが切れていた。この隙に、よその家のオーディオ機器が、我が家のスピーカーに、ブルートゥース経由で接続してしまったようだ。

ブルートゥースの到達距離はだいたい10mくらいだそう。角部屋なので隣ではあるまい。すると階上か階下か。築40年のマンション。薄いのは壁だけではなく、床もそうだったとは。

この夜は、スピーカーの電源を落とし、事なきを得る。しかし、これで終わりではなかった。

階上(または階下)の住人は、我が家のブルートゥース受信機と「自動接続設定」してしまったらしい。その後、隙あるごとに、テレビ音声が割り込んでくるようになった。

電子レンジで接続が切れたとき。電源を入れたとき。先を越され、敵の接続を許すと、

「さんま御殿」
「海老蔵家族のお出かけ」
「おかあさんといっしょ」

などのテレビ番組がスピーカーから鳴り響く。隣人の好みは、我が家のノイズ。負けじと、接続が切れるや否や、スマートフォンの設定画面を開き、再接続を試みる。しかし、敵の方が、電波が強力なのか、距離が近いのか。先んじられることもしばしばである。

ネットによると、対策は「機器の場所をずらすこと」だそう。なぜ、侵略者のために、こっちがレイアウトを変えねばならんのか。

我が家のスピーカーを巡る戦いははじまったばかりだ。

免許更新で涙ぐむ

免許の書き換えに行く。

始めて取ったのは16歳のとき。今回で、手元の古い免許証が10枚になる。早いものだ。

受付で更新料を払い、加齢で不安だった視力検査もクリア。30分の講習会を受ける。といっても、大半は映像を眺めるだけ。終わるころには免許証が出来上がっているはず。

映像前半は、事故シーンだった。乗用車と自転車がぶつかりボンネットに人が乗り上げたり、トラックが子供の体すれすれで停止したり。ドライブレコーダーが撮った事故映像だ。伝えたいのは、人の不注意が如何に「悲惨」な結果を産むか、ということ。当然、刺激的な内容になる。

しかし、今回はあまり刺激を感じない。なぜだろう。

(見慣れてしまったんだ)

テレビのニュースやワイドショーなどで、ドライブレコーダーのショッキングな事故シーンは、頻繁に流れている。耐性が付いてしまったらしい。

事故シーンの映像が終わり、被害者の語りに切り替わる。トラック事故で、小学生の息子を亡くした母親の話だ。

「息子が死んだあと、お正月のかがみ餅を片付けてたら」

(ふむふむ)

「いたずらしたんでしょうね。お餅の裏に『チューリップのタネ』がたくさん刺さってて」

(面白い息子さんだ)

「このことを、息子が通ってた学校の先生に話したら『学校に植えましょう』とおっしゃって」

(…)

「卒業式の頃には、チューリップが満開に」

いい話だなぁ。

加齢で衰えたのは視力だけではない。「いい話」耐性も衰え、涙もろくなっている。まさか、免許の講習映像で涙ぐむ羽目になるとは…。

(いや、ちょっと待て)

「いい話」にしちゃダメでしょう。感動させてはダメでしょう。事故の結果は常に「悲惨」。鉄則です。戒めとしなければ。

「いい話」のおかげで、その後のハイビームやら酒気帯び運転やらの話は全く頭に入らず。「いい話」のみを印象に残し、講習会が終わる。

悪い気分ではない。戒めの機会は、自分で作るとしましょう。

このワクチンは大いに問題がある

モデルナワクチン2回目接種終了。

ひどい副反応だった。

結論から書く。

このワクチンには大いに問題がある。いわば「バグ未解決アプリ」のようなもの。通常は提供できない。緊急事態だから提供できる。そんな製品である。

接種後の経緯を書く。

接種当日の夜。発熱37度。一度就寝するも、悪寒で目が覚める。同時に激しい関節痛。この時点で体温は39度弱に上昇。手持ちのアセトアミノフェン(解熱剤)を服用し、再就寝。

接種翌日の朝。体温変わらず。再度アセトアミノフェンを服用。一度は、37度台まで低下するものの、すぐ上昇に転ずる。

接種翌日の夜。熱が39度弱まで上昇。解熱剤をロキソニンに切り替える。効果は大きいが、胃痛を起こすことがあるため、使用を控えていた。今回は止むを得ない。胃薬を合わせて服用することにする。

接種翌々日の朝。体温が平熱に。関節痛も大分和らぐ。解熱剤の服用を中断。

再上昇するかもしれないので、この合間に所用を片付ける。貯まった洗濯物、食材の買い出しなど。

接種翌々日の午後。案の定、体温が37度へ再上昇。買ってきたアイスクリームなどを食べて凌ぐ。

接種翌々日の夕方。体温36度台に低下。多分これで副反応も終わりだろう(と思いたい)。

発熱が24時間以上、しかも高熱の時間帯もあり、体力がかなり削られる。周辺の人やネットでも、程度の差こそあれ多くの人が似たような経過をたどっているらしい。

権限がある人へお願いしたい。このワクチンを、お年寄りや子供など体力の無い人へ接種することは考えものだ。別のワクチンにするか、一部の医療関係者の言う、“欧米人と同じ量ではなく、体格に合わせた投与量”などを検証・検討してほしい。

一方、私たちにできること。それは「備え」だ。

今回、一番役立ったのはジェルタイプの冷凍まくら(アイスノンのようなもの)。普段から冷凍庫に入れていたのが幸いした。結構なスペースを占めるため、他の冷凍食品が入れられない。「恒(つね)に」使うものじゃないから出しておこう。そう思ってた矢先の副反応だった。整理しないで良かった。

「備え」のためのものとは「恒に」は使わない。「稀(まれ)」に使うものだ。恒に使わないからといって、捨ててしまってはいけない。そして、いつでも使える状態を維持しておく必要がある。

これが、今回の教訓である。

以下、あって良かった、あったら良かったものをまとめておく。これからワクチンを受ける人の参考になれば幸いである。既に多くの人が、この類の情報を投稿しているのは知っているのだが、まぁせっかくだし。

解熱剤:手元に持病の頓服用で2種の鎮痛薬があったのが幸いした(消費期限切れだったけど)。私の場合、アセトアミノフェン(カロナール)は効きが弱かった。モデルナを接種した方には、ロキソニンをおすすめする。ただし、服用は胃薬とセットで。

冷凍まくら:アイスノンのようなものを2つ(×人数分)。2つ必要なのは、数時間しか冷凍状態が保てないから。2つあれば、「交互」に使うことで、常に頭を冷やせる。その他、首に巻くタイプのものや、頭に張り付けるタイプも重宝する。

塗る湿布薬:関節痛や筋肉痛に加え、長時間寝るため腰痛も。湿布を貼りたいところだが、副反応で肩が動かず貼りづらい。塗るタイプの方が役立った。

アイスクリーム:バニラではなく、シャーベットなどさっぱりしたもの。アイスの実など、個別包装で1個づつ食べられるものだと、なお良し。

飲み物:スポーツドリンクだけではなく、カルピスその他バリエーションがあると良い。1種類のドリンクを連続して飲むと、だんだん不味く感じるようになってくる。

レトルトご飯:熱があっても食欲が無くならないタイプだったため、大変重宝した。おかずとして、ザーサイや、やわらぎなど瓶詰食品があればなお良し。

パンその他:食欲が無くても、少し甘いパンやお菓子が食べられるときがある。冷凍していたパンは大いに役立った。

 

診察30秒でも「対面診療」を選ぶ理由

少し遠い病院に、月1回通院している。

「なにかありましたか」
「いいえ」
「前回の検査は異常なしです」
「はい」
「いまのお薬を続けてください」
「はい」
「次回も一か月後で良いですか」
「はい」

診察はこの程度。3分どころか、30秒診療だ。文字数72文字。ツイッターの約半分しかない。医療関係の知人に話すと

「オンライン診療で十分なのでは?」

と言われた。

そこで、かかりつけ医のホームページを見てみると、あるある。

その名も、“スマート診療”。

スマートフォン・タブレット・パソコンで利用可能。診察・処方箋発行・会計決済まで、オンラインで完結。待ち時間なし。おぉ素晴らしい。

さらに、詳細を見てみる。

「回線使用料(税込) として、1,500円いただきます」

(おっと)割高になるではないか。しかも、

「検査(採血・採尿)を行わない患者のみ」

ともある。隔月で検査している私は、2回に1回しか対象にならない。

処方箋は郵送されるとのこと。だが、自宅近隣の薬局に聞くと、該当の薬の在庫は「無し」。門前病院以外の薬は、あまり置かないらしい。結局、かかりつけ医近所の薬局まで行く必要がある。処方箋ではなく、薬自体を送って欲しいところだ。

料金が高くて、面倒くさい。結局

「これまで通りでいいや」

と、保守的な結論に落ち着く。

オンライン診療が普及しない、との報道がある。

数百円高くなるとか、手間がかかるとか。こういった些末なことも、普及を阻む要因なのだろう。

関連記事:普及しないオンライン診療①:誤診を恐れる医師